Social Design+ さすガっス!ポイントで「関西の元気」に貢献!

認定NPO法人コクレオの森

「子どもが主人公になれる!」学びの場づくりワークショップを開催したい!

認定NPO法人コクレオの森

子どもの学ぶ意欲を育てる学校

「コクレオの森(旧称:箕面こどもの森学園)」は、2004年4月にオルタナティブ・スクール「わくわく子ども学校」として始まり、2015年4月には、それまでの小学部に加えて中学部も開設されました。創立のきっかけは、大学教員だった代表理事の辻氏が、学ぶ意欲が低い学生たちの姿をみて日本の教育に疑問を抱いて立ち上げた「大阪に新しい学校を創る会」にあります。教育のあり方を模索し、講演会などのイベントを行っていたところ、自分の子どもが不登校だった人や、子どもの通う学校を納得して探したい人、学校にあまりいい思い出がなかった人など、さまざまな立場から日本の教育に疑問を持つ人たちが集まり、自分たちで学校をつくることになりました。

子どもが自分で学び方を組み立て、自分がどうしたいかを問い続ける

コクレオの森では、一人ひとりの学びを尊重するため、個別学習と共同学習を中心とした学びの場をつくり、1〜3年生・4〜6年生・中学生というくくりで各クラス20名程度の年齢混合クラスを編成しています。また、先生一人に対し多数の生徒という一斉授業の形はとっていません。子どもたちは、自分で立てた計画にそって個別に学習を進めたり、グループで対話をしながら学習したり、習熟度や進路の近い子どもたちで集まるグループ学習のような共同学習を取り入れたりしながら学んでいきます。決められた学習目標がないため、好きなことに学習が偏ってしまうのではと心配になりますが、学園の合言葉である「自分を大切にする、人を大切にする」とは、どういうことなのかという問いがあることで、意欲的な学びが生まれています。例えば好きなことを追求しているうちに、苦手なことを学ばなければならない場面にも遭遇します。そういった経験を通して「勉強は自分のためにするものだ」という自覚を持てるようになるのだといいます。

認定NPO法人コクレオの森
認定NPO法人コクレオの森
校長 藤田美保(ふじた・みほ)プロフィール
小学校教師として教育の現場にかかわる中で、「教育はもっと多様であっていいはず」という思いを抱くようになり、退職。新たな教育のあり方を模索する中で、「認定NPO法人箕面こどもの森学園」創立メンバーの一人となる。2009年から「箕面こどもの森学園」で校長を務める。
※2019年12月12日から法人名を「認定NPO法人コクレオの森」に改称

今回のチャレンジ

「子どもが主人公になれる!」学びの場づくりワークショップを開催したい!

子どもたちを取り巻く環境は深刻さを増し、いじめや不登校だけでなく、子どもの自殺件数も年々増えてきています。本来、子どもたちを健やかに育む場所であるはずの学校で、子どもたちが心をすり減らし、命を削っている現状があります。今回は、こうした現状を少しでも打開すべく、子どもが主人公としていきいきと学べる場に必要な内容をワークショップ形式で届けたいと考えています(全4回、各回30名定員)。ワークショップのカリキュラムは、「自分で決められる子どもに育つ」「対話しながら深める学びのつくり方」など。教師だけでなく、子どもに関わるさまざまな大人がこのワークショップに参加することで、子どもたちに自己肯定感、自己決定できる力、対話する能力、自分ごとを広げていく感覚を育む方法を知ることができます。そして、ワークショップで学んだ内容をそれぞれの現場で実践していただくことで、子どもたちが主人公として、自分を大切にしていきいきと学べる学び場が増えて欲しいと願っています。

認定NPO法人コクレオの森

あなたの500ptを使ってこのプロジェクトを応援しよう!

応援者数5,000人突破しました!応援ありがとうございます。

5,000人→50万円 3,000人→30万円 1,000人→10万円

現在の応援者数

9122

目標人数まであと人!

募集期間:122日 ~ 23

応援するにはログインが必要です。

認定NPO法人コクレオの森ってどんな団体?

所在地 大阪府箕面市小野原西六丁目15番31号
設立 2003年5月
Webサイト https://cokreono-mori.com/