Social Design+ さすガっス!ポイントで「関西の元気」に貢献!

NPO法人Silent Voice

今回のチャレンジ

聴覚障がい・難聴児の強みを伸ばす
オリジナル教材をつくりたい!

NPO法人Silent Voice

「きこえないからこそ、できること」を活かした
社会参加のための仕組みをつくりたい

はじめまして、Silent Voice代表の尾中友哉と申します。私は聴覚障がい者ではないのですが、0歳から簡単な手話を覚え、日本語よりも先に手話を習得しました。その理由は、「私の両親が聴覚障がい者だったから」です。その状態が当たり前で育った私にとって、家族の一人ひとりが役割を果たしていれば、聞えないことによる「障がい(コミュニケーションにおけるハードル)」はありませんでした。そのことから、「障がい」は障がい者本人が持っているものではなく、社会に存在するのだと知りました。「きこえなくてもできること」ではなく、むしろ「きこえないからこそ、できること」を発揮して、聴覚障がい者が社会参加するための仕組み。それをつくり出していくのが、私たち「Silent Voice」です。

NPO法人Silent Voice
代表 尾中友哉(おなか・ともや)プロフィール
株式会社およびNPO法人「Silent Voice」代表。1989年、滋賀県出身。聴覚障がい者の両親を持つ耳の聞こえる子ども「通称:CODA(コーダ)」として、手話を第一言語に育つ。大学卒業後、東京の大手広告代理店に勤務。激務の日々の中、「自分にしかできない仕事とは?」について考える。退社後はフリーの広告ディレクターとして活動しながら、2014年2月に任意団体「Silent Voice」を立ち上げる。企業などへのセミナープログラム「DENSHIN」は株式会社「Silent Voice」として、また聴覚障がい・難聴のある就学児向けの「デフアカデミー」はNPO法人「Silent Voice」として運営し、聴覚障がい者の強みを生かす社会の実現に向けて活動している。

成功体験を積み重ね、折れない心を鍛える「デフアカデミー」

日本では、聴覚障がい・難聴を抱える子どもたちの多くは地域の学校に通っています。しかし、地域の学校では周囲の理解や環境整備が追いつかず「先生や友人の話している声が聴こえない」「クラスメイトと深い話ができず孤立してしまう」という問題が生じがちです。特に自我が目覚める年齢になると、自分に自信が持てなかったり、自己肯定感を持つことが難しくなってしまう。だからこそ、日常生活で小さな成功体験を積み重ね、「折れない心(レジリエンス)」を鍛える必要があります。そこで、私たちは得意を伸ばす学習支援プログラム「デフアカデミー」を始めました。

NPO法人Silent Voice

視覚能力を高める新たな教材をつくりたい

「デフアカデミー」で主に鍛えられるのは記憶力、速読力など学習の素地になっていく「視覚能力」です。聞こえないからこそ視覚に神経が集中することを活かして視覚能力を伸ばすことをきっかけに、がんばったことをほめてあげて、小さな成功体験をどんどん積み重ね、自分に自信を持ってもらいたいのです。2017年に京都や大阪でスタートしたばかりですが、大阪校では、すぐにオープン時目標の30名の生徒が集まりました。通うのは、両耳40デシベル以上(中等度難聴=普通の会話が聞き取りにくい)の聴覚障がい・難聴のある小学生から高校生までの子どもたち。新しく未就学児を対象にしたレッスンもスタートしました。そこで、この「デフアカデミー」で使用する新たな教材を専門家とつくりたいと考えています。ご支援いただければ幸いです。よろしくお願いします。

NPO法人Silent Voice

あなたの500ptを使ってこのプロジェクトを応援しよう!

応援が集まれば集まるほど、支援金額が増えます。

5,000人→50万円 3,000人→30万円 1,000人→10万円

現在の応援者数

4293

目標人数まであと人!

募集期間:25日 ~ 57

応援するにはログインが必要です。

NPO法人Silent Voiceってどんな団体?

主な業務内容
  • 1. 教材開発事業
  • 2. 教育事業
所在地 大阪府大阪市中央区安堂寺町1丁目3-12 大阪谷町ビル4F
設立 2017年1月(創業:2014年2月1日)
Webサイト http://silentvoice.co.jp/aboutus/npo/