豊かで快適な毎日を育むためのアイデアやヒントをお届けします。

Vol.18

子育て世代の希望をかなえる
リノベーション事例

子育て世代の希望をかなえるリノベーション事例

既存の建物をいかしながら間取りや内装を自由にアレンジする「リノベーション」。最近では新築よりも低予算で希望に沿った住まいづくりができると、住み替え時に中古物件を選びリノベーションする人が多くなっています。特に子育て世代にとっては、中古物件を選択肢にいれることで、学区や環境など条件に合ったエリアで探しやすくなるというメリットも。また、子育てに適した間取りへと自由に設計できるのも大きな魅力です。今回はそんなリノベーションの特長をうまくいかし、希望の住まいを手に入れた、子育てファミリーの事例をご紹介します。

CASE 1:家族それぞれの住みやすさにこだわった家

子どもと大人のスペースを確保

子どもと大人のスペースを確保

「2人の子どものために、広い家を好きなようにリノベーションしたい」と希望していたAさんファミリー。見つけた物件は、小学校と中学校のちょうど真ん中という理想的な環境にある中古マンションでした。リノベーションでは、子どものプライバシーを保ちながらも孤立しないよう、リビングに面して子ども部屋を設置。その間には、大人が在宅ワークできるオープンなワークスペースを配置しました。室内のどこにいても家族の気配が感じられ、自然にコミュニケーションができるよう工夫された住まいです。

子ども部屋を中心に、家族が交流しやすい間取りに

子ども部屋を中心に、家族が交流しやすい間取りに

リビングに面するように子ども部屋と大人のワークスペースを並べて配置し、お互いの存在を感じながら気軽にコミュニケーションがとれる間取りにしました。

独立感がほどよい子ども部屋

独立感がほどよい子ども部屋

リビングと子ども部屋の間仕切りは、子どもが孤立してしまわないよう、部屋の中が見わたせる全面ガラスの造作引き戸に。内側にはカーテンレールを取りつけ、子どもの成長にともなってプライバシーが確保できるよう配慮しています。

使いやすい小上がりのワークスペース

使いやすい小上がりのワークスペース

子どもたちの様子に気を配りながら在宅ワークができるよう、ワークスペースを子ども部屋の間に設置。落ち着きのある和のテイストを取り入れた小上がりには、畳の下に収納スペースを確保しています。集中したいとき、子どもを見守りたいときなど、シーンに応じてデスクの位置を変えられるので、使いやすいワークスペースになっています。

間取りだけでなく、内装や仕上げについてもみんなで話し合い好みを取り入れたというAさんファミリー。家族それぞれが、居心地よく過ごせるお気に入りの空間ができました。

CASE 2:幼い子どもとの暮らしを考えた家づくり

共働き夫婦の育児と家事をサポート

共働き夫婦の育児と家事をサポート

共働きのSさんファミリーは、勤務先に近く保育園にも入りやすい場所に広い部屋を確保したいという希望から、リノベーションを前提に物件数の多い中古マンションに絞って家探しをスタート。中古マンションなら、居住環境や管理体制も事前にチェックできるのも魅力だったとのことです。見つけたのは、昭和36年築ながらしっかりしたつくりのヴィンテージマンション。リビングダイニング・キッチンに開放的な小上がり空間をつくり、キッチンから子どもたちを見守れるよう工夫したほか、効率的な家事動線、片づけやすいつくりつけの収納など、育児も家事もしやすい機能的な間取りに変更されました。

子育てと家事を両立できる空間へ

子育てと家事を両立できる空間へ

キッチンから子どもたちを見守れるよう、リビングダイニングに子どもたちが遊べる小上がりを設計。動線や収納のことを考えた機能的な住まいができました。

小上がりを子どもたちの遊び場に

小上がりを子どもたちの遊び場に

家事をしながらも子どもたちの動きが見えるよう、キッチンから目が届くリビングダイニングの一画に、小上がりのプレイスペースを設置。小上がりの下部に収納を確保したり、ソファと合わせた青いじゅうたんを敷いておしゃれなアクセントにしたりと、空間を上手に活用しています。

家族みんなの持ち物がすっきり収まる収納

家族みんなの持ち物がすっきり収まる収納

収納家具をできるだけ置かないですむように、つくりつけの収納を多く設けたのもこだわりのひとつ。家族の持ち物がすっきり片づくように工夫をされました。なかでも玄関横に設けたシューズインクローゼットは、ベビーカーの出し入れがしやすく「マストなスペース」とのことです。

リノベーションだからこそ手に入った理想的な立地環境と、子どもたちを見守りながらも家事がしやすい機能的な住まいに、大変満足されています。

CASE 3:家族とともに成長するのびやかな住空間

愛着を持って住み続けるために

愛着を持って住み続けるために

長男の小学校入学を機に、将来のことを考え実家近くにある中古マンションを購入したSさんファミリー。アウトドア好きを反映した広い土間やハンモックを設置できるスペースを設けるなど、家族が楽しめるリノベーションを実現しました。内装は、長く暮らしていくことを考えて「飽きがこない」「汚れが目立たない」をテーマに色や素材を選択。シンプルでメンテナンスしやすく、子どもたちの成長にともなって自在にカスタマイズできる家に仕上がっています。

子どもの成長も考えた、遊び心ある空間

子どもの成長も考えた、遊び心ある空間

3LDKの間取りを1LDK+ウォークインクローゼットにフルリノベーション。広い土間で趣味を楽しめるスペースを確保しつつ、子どもの成長に合わせて柔軟に対応できる部屋づくりを意識しました。

趣味のアウトドアを楽しめる広い土間

趣味のアウトドアを楽しめる広い土間

特徴的な広い土間には、キャンプ用品が収納できる大きな棚を設け、便利に出し入れできるようにしました。上部には棚を隠せるようカーテンレールもつけています。取りつけたフックからハンモックを吊るすことができ、家の中でアウトドア感覚が味わえる空間です。

汚れが目立たず掃除しやすい内装

汚れが目立たず掃除しやすい内装

内装は場所に応じて汚れが目立ちにくい色や素材を選び、掃除の負担を低減しています。たとえばキッチンやお風呂、トイレ、ウォークインクローゼットの床は汚れが目立ちにくいダークグレーのタイルを使用。床と壁の境目に取りつける巾木(はばき)は、ホコリがたまりにくい薄いタイプを採用しました。

将来は子ども部屋に仕切れる寝室

将来は子ども部屋に仕切れる寝室

現在は家族の寝室にしている大きな部屋は、出入りができる扉を2ヶ所に設置。必要になれば2部屋に仕切って子ども部屋にできるようにしています。

空間にゆとりを持たせたシンプルな家は、家族が長い歳月をかけて住み続けていくのにぴったり。子どもたちの成長とともに、どのように変化していくかも楽しみです。

それぞれのご家族のこだわりを詰め込んだリノベーションは、いかがでしたか。ぜひ家づくりを考えるときの参考にしてみてください。

Daigasグループでは、オーダーメイドで実現する自分だけのリノベーション「MyRENOマイリノ」サービスを関西エリアにて提供しています。中古マンションのリノベーションで、理想の住まいを実現しませんか。
※関西圏、関東圏におけるマイリノの施工事例です。