スマートフォンページはこちら

Q&A 教えて!和田由貴さん エコわざ相談室

日頃の皆さまのお悩みを大募集!投稿いただいたお悩みの中から、多く寄せられたものを
カリスマ主婦 和田由貴さんが、エコな裏ワザを一問一答形式で簡単にわかりやすく解決します!

閲覧で500pt、お悩み投稿で1,000ptもらえます

6月のお悩み相談は4,128件でした。
たくさんのお悩み投稿ありがとうございます!!

打ち水で夏を涼しく過ごす

打ち水で夏を涼しく過ごす

ネットやTVのニュースで、打ち水が見直されていると聞きましたが、本当?

打ち水は夏を涼しく過ごすための伝統的な手法ですが、冷房の普及などによって徐々に姿を消しました。しかし、打ち水はその見た目の涼しさだけでなく、実際に気温を下げる効果があることに注目され、近年省エネ啓発イベントなどでもよく行われるようになってきました。個々の家庭で玄関先などに行う打ち水でも、十分に効果は期待できます。

■そよ風を起こす効果も
打ち水をすると、水は蒸発して気体になるために周囲の熱を奪います。これを気化熱といい、打ち水をしたときに気温が下がるのはこのためです。また、空気は気温が低い場所から高い場所に流れる性質があるため、打ち水をした場所の温度が下がると、周囲にそよ風を起こす効果も期待できます。
■効果的な打ち水の方法
打ち水は、早朝や夕方などの暑すぎない時間帯に行うのが効果的です。また、日陰になる場所を選んで打ち水をしましょう。気温の高い日中や直射日光の当たる日向では、まいた水がすぐに蒸発してしまい十分な効果がないばかりか、湿度が上昇して逆に体感温度を上げてしまうことになります。涼しい時間帯に打ち水をしてから、窓をあけて風を室内に取り入れるようにすれば、エアコンの使用時間を減らせるので節電になります。打ち水をする場所はベランダや玄関先のほか、家の外壁面やすだれやよしずなどにするのも効果的。太陽の熱で温まった部分を冷やすことで、室内が暑くなるのを防ぐことができます。
■貯めた雨水などで水も再利用
打ち水をするときは水道水を使わずに、お風呂の残り湯や貯めた雨水などを再利用すれば節水になります。エアコンの室外機の背面にあるアルミフィンの部分※図1も、打ち水によって冷房運転の消費電力を抑えることができます。室外機のアルミフィンの部分はホコリや汚れが貯まると空気の通りが悪くなり、熱交換の効率が悪くなります。打ち水で汚れを落とせば、一石二鳥ですね。

※図1室外機の背面

主婦のカリスマ和田由貴さん

あなたのギモンにカリスマ主婦 和田由貴さんがお答えします

エコや省エネに関するあなたのお悩みを和田由貴さんに相談してみませんか?
会員の方はお悩みを投稿いただきますと
1,000ptがもらえます(1ヶ月1回)。

※お悩みを投稿するにはログインが必要です。今すぐログインする。

知りたい!教えて!お悩み大募集

Adviser主婦のカリスマ和田 由貴さん

消費生活アドバイザー、家電製品アドバイザー、食生活アドバイザーなど暮らしや家事の専門家として、講演、執筆活動、テレビ出演、新聞・雑誌の連載など幅広く活動。
「節約は、無理をしないで楽しく!」がモットーであり、耐える節約ではなく快適と節約を両立したスマートで賢い節約生活を提唱している。

和田由貴オフィシャルホームページ ( http://wada-yuki.com/ )

主婦のカリスマ 和田由貴さん

エコわざ相談室TOPへ